スポンサーリンク

「バニー」と「ラビット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バニー」と「ラビット」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バニー」「ラビット」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「バニー」とは?

「バニー」とは?

「バニー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「バニー」は、「bunny」と英語表記します。

「バニー」「うさぎ。

特に子ウサギの愛称」
という意味があります。

ウサギがいる時、また特に、子ウサギがいる時に、「バニー」と呼びます。

また、「バニー」「バニーガールの略語」という意味があります。

この意味での「バニー」には、「キャバレーやクラブなどで、ウサギの耳や尾を模した衣装を着けて、働くホステスのこと」という意味があります。

通常網タイツなどを着用し、露出が多いセクシーな服装と、ウサギの耳や尾を組み合わせ、男性客を楽しませる役割を担っています。

クラブにお酒を飲みに行ったら、バニーガール姿のホステスが接客してくれた場合は、「クラブで、バニーに接客された」などという文章を作ることができます。

「ラビット」とは?

「ラビット」とは?

「ラビット」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ラビット」「rabbit」と英語表記します。

「ラビット」は、「ウサギ。

またはウサギの毛皮」
という意味があります。

ウサギを野山で見かけた時、「ラビットがいた」などという文章にできます。

また、ウサギの毛皮でできた、襟巻を購入した場合は、「ラビット皮の襟巻を購入した」などという文章にできます。

さらに「ラビット」には、「マラソンなどで、開始からペースを上げて、仲間を引っ張る選手のこと」という意味があります。

ドッグレースでは、犬の習性を利用して、ウサギの模型を追わせることから、転じています。

マラソンレースで、先頭集団を引っ張る約束で、賃金を受け取り出場しているランナーを見た時、「あの選手はラビットだから、途中でレースをやめるよ」などという文章を作ることができます。

「バニー」と「ラビット」の違い

「バニー」と「ラビット」の違い

「バニー」「ラビット」の違いを、分かりやすく解説します。

「バニー」「ウサギ。

特に子ウサギの愛称」
という意味があります。

一方「ウサギ。

またはウサギの毛皮」
という意味があります。

どちらの言葉も「ウサギ」を意味するという共通点があります。

基本的にウサギのことは、「ラビット」と表現しますが、小さな子供などがウサギを見たときは、「バニー」と呼びます。

このように、「バニー」「ウサギちゃん」というような、幼児語として使われているためです。

そのため、大人がウサギを見て、子供に「ウサギがいるよ」と伝える場合は、「バニーがいるよ」と言うことになります。

このように、「ラビット」はウサギを意味し、「バニー」はウサギちゃんを意味するような幼児語という違いがあります。

まとめ

まとめ

「バニー」「ラビット」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物