スポンサーリンク

「ストナン」と「クラナン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ストナン」と「クラナン」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ストナン」「クラナン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ストナン」とは?

「ストナン」とは?

「ストナン」は、ストリートでナンパの略称で路上でナンパをする行為です。

この手法は、働いている女性や男性にも声をかけてしまうが故、日中においては働いている者からすればストレスがかなりかかるナンパをされているが故、警察沙汰になることもあるナンパ方法になります。

「クラナン」とは?

「クラナン」とは?

「クラナン」は、日中ではなく、クラブでナンパすることにあり、お仕事終わりの方でも対象とすることが可能なナンパ方法です。

この方法は、クラブという出会いを提供する施設でナンパ行為を行うため、利点においては、この施設を利用する異性すべてがナンパ対象になる点にあり、日中の忙しい時と比較すると警戒心が薄れている点が利点になり、ナンパの成功率が高いという利点があります。

「ストナン」と「クラナン」の違い

「ストナン」と「クラナン」の違い

両者の違いは、ナンパを受ける対象者の警戒心が実は異なります。

日中の忙しい時においては相手のことを常に警戒しますが、仕事終わりになると、クラブという場所を訪れているということは、楽しみたいからであり、警戒心が薄れており、ナンパの成功率が高くなるのです。

よって「クラナン」のほうがナンパの成功率が高くなるわけです。

「ストナン」の例文

「ストナン」の例文

・『ストナンを受けても日中ではどうしようもない』
この例は、日中のお仕事で糞忙しい時にナンパを受けてもどうしようもないという例です。

なぜなら、仕事を投げ出して遊びに行くわけにはいかないので相手の誘いを断るしかなく、もっと言えば、相手側が強引に連れ出そうとした場合、警察を呼ぶしかありません。

「クラナン」の例文

「クラナン」の例文

・『クラブにいるのに、クラナンされない』
この例は、クラブにいるのですが、何故か、クラブでナンパされないというものです。

というのも、ナンパ行為は相手側も異性をよく見ていますのでナンパをされないということはまさに異性を見たうえで声をかけることをためらっているのです。

まとめ

まとめ

「ストナン」がなぜ、ナンパの成功率が低いかという点と警察を呼ばれやすいかですが、これは、相手側の事情を全く考慮していないため、問題が浮き彫りになりやすいためです。

というのも、日中はお仕事で忙しいので声をかけられてもそれどころではありません。

それでも誘い出しを行うのであれば警察を呼んで対処して暴漢に襲われたという形で処理をしてもらい会社に連絡を入れないと会社側もなぜ仕事ができなかったか?という部分を聞きたいので社会人で働いている者からすれば、事件という形で処理をしてでも、ナンパをするものを不要であるとしたいのです。

逆に、「クラナン」になると仕事を抜きで遊びに来ていますのでナンパの成功率は高くなり、かつクラブという場所自体が出会いを提供する場なのでナンパ行為を行っても問題なく、かつお断りをする場合においても周囲には大勢の方がいますので問題行動を異性同士がとりにくいという利点もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物