スポンサーリンク

「ザッハトルテ」と「ガトーオペラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ザッハトルテ」と「ガトーオペラ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ザッハトルテ」「ガトーオペラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ザッハトルテ」とは?

「ザッハトルテ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ザッハトルテ」は、「Sachertorte」とドイツ語表記します。

「ザッハトルテ」は、「オーストラリアのホテル・ザッハー、および洋菓子店デメルで提供されている、アンズジャムが入った洋菓子のこと」という意味があります。

古典的なチョコレートケーキの一つで、ケーキの原点を感じさせるようなチョコレートケーキになります。

「ザッハトルテ」はフランツ・ザッハーが考案した洋菓子で、子供であるエドゥアルトが『ホテル・ザッハー』を開業すると、レストランとカフェで提供されるようになりました。

さらに、ホテルが経営危機を迎えた時、資金援助した『デメル』という洋菓子店が販売権を得ています。

このように「ザッハトルテ」は、正式には、「ザッハーが作ったケーキ」を意味し、『ホテル・ザッハー』、『デメル』で提供されているものを指します。

ただし、一般的に「ザッハトルテ」は、古風なチョコレートケーキのことを指し、「ザッハトルテ風の、チョコレートケーキのこと」という意味で使用されています。

「ガトーオペラ」とは?

「ガトーオペラ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ガトーオペラ」「Gateau au Opera」とフランス語表記します。

「ガトーオペラ」は、「フランス発祥の洋菓子の一つ。

コーヒーシロップをしみこませた生地とクリームを何層も重ね合わせたチョコレートケーキのこと」
という意味があります。

ちなみに「ガトー」「焼き菓子」という意味があり、「オペラ」「パリのオペラ座」を意味します。

1955年にパリのパティシエ、シリアックガビヨンが発案したとされています。

表面に金箔が添えられているのが特徴的で、フランスの高級菓子の一つです。

シリアックガビヨンのいるダロワイヨ本店が、パリのオペラ座近くにあり、金箔がオペラ座のドームの上に飾られている、アポロンの掲げる黄金のことのように見えることが、「ガトーオペラ」という名前の由来となります。

「ザッハトルテ」と「ガトーオペラ」の違い

「ザッハトルテ」「ガトーオペラ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ザッハトルテ」「ガトーオペラ」は、どちらもチョコレートケーキという共通点があります。

ただし、「ザッハトルテは、オーストリア生まれの洋菓子なのに対して、「ガトーオペラ」は、フランス生まれの洋菓子という違いがあります。

また、「ザッハトルテ」が、素朴な見た目なのに対して、「ガトーオペラ」は、金箔が施されているという、見た目の違いもあります。

まとめ

「ザッハトルテ」「ガトーオペラ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、ケーキを購入するときに役立つかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物