「政治」と「経済」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「政治」と「経済」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「政治」「経済」はニュースなどで「政治経済」として一まとめにして語られることも多い言葉ですが、「政治」「経済」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「政治」「経済」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「政治」とは?

「政治」とは?

「政治」という言葉は、「その国の主権者が法律(ルール)を定めて、国土や人民を統治・支配すること」を意味しています。

「政治」というのは、「ルールに基づいて社会全体の利害調整や意思決定を行うための仕組み」を意味する言葉なのです。

「経済」とは?

「経済」とは?

「経済」という表現は、「社会に必要な財貨(商品)・サービスの生産・消費・分配を調整する活動のシステム」を意味しています。

「経済」には、「お金のやりくり・金銭のやりとりが介在する活動」という意味合いもあります。

「経済」の語源は「経世済民(けいせいさいみん)・経国済民(けいこくさいみん)」であり、元々は「政治」と同じような意味で使われていました。

「政治」と「経済」の違い!

「政治」と「経済」の違い!

「政治」「経済」の違いを、分かりやすく解説します。

「政治」というのは、「国民や国王といった主権者が、強制力のある法律(ルール)を制定して領土・人民を治めること」を意味しています。

それに対して、「経済」という言葉は「経世済民=世の中を治めて人民を救う政治」を語源としているものの、現在では「人の生活に必要な財貨・商品・サービスを生産・消費・分配する活動全般」「金銭のやりとりが絡む活動・お金のやりくり」を意味しているという違いがあります。

「政治」「人民・国土をルールで支配すること」に意味の重点がありますが、「経済」「社会に必要な商品・サービスを、お金を介して生産したり消費(分配)したりすること」に意味の重点がある違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「政治」「経済」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「政治」というのは、「主権者・権力者が法律(ルール)を定めて、国土や人民を統治すること」などを意味しています。

それに対して、「経済」という言葉には「社会の物・サービスの生産活動や効果的な分配を調整する活動全般のシステム」の意味があります。

「政治」「経済」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物