「インターンシップ」と「バイト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インターンシップ」と「バイト」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インターンシップ」「バイト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「インターンシップ」とは?

「インターンシップ」とは?

「インターンシップ」の意味と概要について紹介します。

意味

「インターンシップ」「インターン」とも呼ばれ、「学生が就職に向けて自己分析をしたり、社会人としての経験を積む為に、在学中に一定期間企業内で働き、就業体験をすること」という意味です。

卒業後にその企業に入社するケースもあります。

概要

「インターンシップ」には大きく分けて「短期インターン」「長期インターン」の2種類があります。

「短期インターン」は、企業がPR目的で行うキャンペーンの様なもので、学校の許可の元、1週間以内の期間で学生を募り行われます。

授業の単位取得に必要とされているところもあり、学生に給料は支払われません。

「長期インターン」は、半年程のこともあれば2年~3年と続き、企業内で実務を行うことになり、給料が支払われます。

「バイト」とは?

「バイト」とは?

「バイト」の意味と概要について紹介します。

意味

「バイト」「アルバイト」の略称で、「本業または学業のかたわら、収入を得る目的で仕事をすること」という意味です。

仕事や学校がありながら、生活費やお小遣いなどのお金を得る為に仕事をすることを言います。

概要

「バイト」は、ネットの求人サイトなどで幅広く募集されています。

応募者の年齢は特に限定されておらず、学生だけではなく社会人が応募することもあります。

その企業に雇われ、企業から与えられた仕事をして給料を貰います。

「インターンシップ」と「バイト」の違い!

「インターンシップ」と「バイト」の違い!

「インターンシップ」「バイト」の違いを、分かりやすく解説します。

対象者

「インターンシップ」は、学生を対象に募集されます。

「バイト」は、学生だけではなく社会人も対象に募集されます。

目的

「インターンシップ」は、「就業体験を積み、自己分析をすること」が目的です。

「バイト」は、「必要なお金を稼ぐこと」が目的です。

まとめ

まとめ

「インターンシップ」「バイト」は、対象者と目的が違います。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、よく考えて選びましょう。