「GU」と「ユニクロ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「GU」と「ユニクロ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「GU」「ユニクロ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「GU」とは?

「GU」の意味と概要について紹介します。

意味

「GU」「株式会社ファーストリテーリングの子会社であるアパレルショップ」です。

10代~30代の女性をターゲットにした、低下価格なアイテムを揃えたブランドです。

概要

「GU」というブランド名の由来は、「もっと『自由(GU)』に着よう」というコンセプトにあります。

商品は短いサイクルで入れ替わり、低価格かつ品質の良いファストファッションとして人気があります。

現在では日本国内だけではなく、アジアにも進出しているグローバル企業です。

「ユニクロ」とは?

「ユニクロ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ユニクロ」「株式会社ファーストリテーリングの子会社であるアパレルショップ」です。

こちらは幅広い年代をターゲットにしていて、トレンドを追いながらも低価格のアイテムとして人気があります。

概要

「ユニクロ」というブランド名は、「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」を略した言葉です。

非常にシンプルで着回しができて、同じ商品でサイズ違い、色違いが豊富という特徴があります。

その色使いは美しく、つい色違いで大人買いしてしまうという人も多いのです。

現在では日本だけではなく、アメリカやイギリスなどにも店舗を増やしています。

「GU」と「ユニクロ」の違い!

「GU」「ユニクロ」の違いを、分かりやすく解説します。

ターゲット層

「GU」は、10代~30代の女性がターゲットになります。

「ユニクロ」は、年代や性別を問わず、幅広くターゲットにしています。

価格

「GU」は、とにかく無駄を省き、低価格を目指しています。

「ユニクロ」は、品質がよく長く使えて、それに見合うリーゾナブルな値段を目指しています。

デザイン性

「GU」は、トレンドアイテムをメインに、2週間サイクルで商品を入れ替えています。

「ユニクロ」は、シンプルで流行にとらわれず長く使えるアイテムを取り揃えています。

まとめ

「GU」「ユニクロ」は関連企業でありながら、大きな違いがあります。

戦略的に成功しているケースと言えます。