スポンサーリンク

「贈呈」と「進呈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「贈呈」と「進呈」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「贈呈」「進呈」はよく似た意味合いを連想させる混同しやすい二つの言葉ですが、「贈呈」「進呈」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「贈呈」「進呈」の違いを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「贈呈」とは?

「贈呈」とは?

「贈呈(ぞうてい)」という表現は、「自分よりも目下の相手(年齢や立場が下の相手)に贈り物をすること」「公式な場面で物を贈ること」を意味しています。

「贈呈」というのは、「相手の努力・働きをねぎらったり、相手の成果・貢献に対して褒美を出したりする意図・理由で贈り物をする」を意味する言葉なのです。

「進呈」とは?

「進呈」とは?

「進呈(しんてい)」という言葉は、「近しい人(親しい人)・目上の人に贈り物をすること」を意味しています。

「進呈」は、「いつもお世話になっている人に感謝の気持ちをこめてプレゼントすること」を示しています。

「進呈」というのは、「贈呈よりも気軽な感じでプレゼントすること」「感謝・お礼の気持ちをこめて贈り物をすること」の意味合いを持っている表現です。

「贈呈」と「進呈」の違い!

「贈呈」と「進呈」の違い!

「贈呈」「進呈」の違いを、分かりやすく解説します。

「贈呈」にも「進呈」にも、「人に贈り物をすること・人に物をプレゼントすること」の意味がありますが、「贈る相手・贈る意図や理由」に違いが見られます。

「贈呈」「自分よりも目下の相手に贈り物をする時・正式な場面で贈り物をする時」に使われる言葉ですが、「進呈」「自分と同等(親しい人)か目上の相手に贈り物をする時・気軽な感謝の気持ちで贈り物をする場合」に使われるという違いがあります。

また「贈呈」「相手の努力をねぎらったり褒美を上げたりする意図で贈ること」を意味していますが、「進呈」「気軽な感謝・好意・お礼などの気持ちをこめて贈ること」を意味しているという違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「贈呈」「進呈」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「贈呈」という表現は、「自分よりも年齢・立場が下の人に贈り物をすること」を意味しています。

それに対して、「進呈」というのは「近しい人・目上の人に感謝の気持ちなどをこめて贈り物をすること」の意味合いを持っています。

「贈呈」「進呈」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物