「変動」と「変更」の違いとは?意味を詳しく解釈

言葉・言語

日本語には、色々な言葉がありますが、とても意味合いが似通っている類義語もあります。

その中で「変動」「変更」もその類いの1つですが、詳しく意味を調べてみると、かなりニュアンスが異なっています。

そこで今回は、これら「変動」「変更」にフォーカスしていくことにします。

「変動」と「変更」各々の解釈

まず、「変動」「変更」それぞれの言葉の意味を解釈していくことにします。

「変動」の意味や使い方

「へんどう」という読み方をする「変動」は、「変わり動くこと」、あるいは「事態に動きがあって変化すること」という意味があります。

使い方としては、「景気の変動が激しい」「気象変動」などが挙げられます。

「変更」の意味や使い方

「変更」「へんこう」というように読むのですが、「決められた物事などを変えること」という解釈になります。

「計画を変更する」「予定を変更した」と言うような使い方ができます。

「変動」と「変更」の違い

では、「変動」「変更」には、どのような違いがあるのでしょうか? 「変更」「決められた物事などを変えること」という意味にありますが、「変動」にも「変化」という意味合いがるものの、基準のあることに対して、偏りやズレの大きさが変わる」という解釈が含まれています。

この点が両者の相違点として理解することができます。

「変動」と「変更」各々を使った例文と意味を解釈

では、ここで「変動」「変更」各々を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにします。

「変動」を使った例文と意味を解釈

「激しく変動する社会において、生き残りをかけた勝負に出る」

今や景気や社会環境が激しく「変動」しています。

しかし、人はこの厳しい中でも、何とか生き延びなければなりません。

これは個人レベルのことだけでなく、木々や団体・組織、あるいは国も同じように、生き残りをかけて戦い抜くことが求められています。

「変更」を使った例文と意味を解釈

「会社のノートパソコンを全社的にWindows7からWindows10に完全変更することになった」

ビジネスの世界では、どの企業でもパソコンの活用は避けることができません。

しかも、OSが数年に1度変わっていくので、その度にパソコンも更新していく必要があります。

これも企業における重要な設備投資の一環と言えます。

まとめ

「変動」「変更」という2人の言葉の意味や使い方を紹介してきました。

2つとも見た目、よく似た言葉なので、解釈をかなり近いものがあるように思えます。

しかし、実際に使ってみると、活用されるシチュエーションは結構違ってくることが分かることでしょう。

したがって、これらの言葉の適切に使い分けるためにも、しっかりと意味や相違点を押さえておく必要があります。

このような言葉は他にもたくさんあるので、これからも言葉に意識して活用してください。