スポンサーリンク

「変革」と「改革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「変革」と「改革」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「変革」「改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「変革」とは?

「変革」とは?

「変革」の意味と使い方について紹介します。

意味

「変革」「へんかく」と読み、「変えて新しいものにすること」「変わって新しいものになること」と言うい意味です。

使い方

「変革」は、あるものごとを、すっかりと変えて全く違う様子にさせる時に使います。

ものごとの骨組みを取り去り、ゼロの状態から新しいものを築き上げることを表します。

元の形態を生かしてより改善するのではなく、根本的に全く違うものにするのです。

「社会に変革が起きた」など、ものごとが根底から変わっていく様子を表す言葉です。

「改革」とは?

「改革」とは?

「改革」の意味と使い方について紹介します。

意味

「改革」「かいかく」と読み、「従来の制度を改めて、より良いものにすること」という意味です。

使い方

「改革」は、今までの制度やシステムを作り変えて、よい運用し易くすることを言います。

「改」「あらためる」とも読み、それまであるものを作りかえて良くすることを表します。

あくまで今までの制度やシステムを基盤にして、都合の悪い部分を改善する時に使われます。

良い部分は残した上で、大幅に改良していく活動を表す言葉で、「意識改革」など、目に見えないものにも使われます。

「変革」と「改革」の違い!

「変革」と「改革」の違い!

「変革」は、「今までのものを変えて、全く新しくすること」です。

「改革」は、「今までの枠組みを残して、大幅に変えること」です。

まとめ

まとめ

「変革」「改革」は、「全て変える」「基盤を残す」かという違いがあります。

気合いが入り過ぎて混同しない様に注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物