「ラガービール」と「エールビール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラガービール」と「エールビール」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラガービール」「エールビール」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ラガービール」とは?

「ラガービール」の意味と概要について紹介します。

意味

「ラガービール」は、「下面発酵という低温による発酵方法で醸造されるビール」という意味です。

概要

「ラガービール」の原材料は、「サッカロマイセス・カールスベルゲンシス」という酵母です。

0~15度ほどの低温で、7日から10日かけてじっくりと発酵させて、その後熟成させて1ヵ月程で出来上がります。

発酵が進むと酵母が沈んでくることから「下面発酵」と呼ばれます。

「ラガービール」には「ピルスナー」「ヘレス」「メルツェン」「デュンケル」などの種類があり、クリアでのど越しがよいのが特徴です。

「エールビール」とは?

「エールビール」の意味と概要について紹介します。

意味

「エールビール」は、「上面発酵という高めの温度による発酵方法で醸造されるビール」という意味です。

概要

「エールビール」の原材料は、「サッカロマイセス・セレビシエ」という酵母です。

常温(20~25度)で、3日から4日ほど発酵させて、その後2週間ほど熟成させます。

発酵が進むと酵母が浮かんでくることから「上面発酵」と呼ばれます。

「エールビール」には「ペールエール」「レッドエール」「ブラウンエール」「ダークエール」などの種類があり、濃厚な味わいで飲みごたえがあるのが特徴です。

「ラガービール」と「エールビール」の違い!

「ラガービール」は、「下面発酵により醸造された、のど越しの良いビール」です。

「エールビール」は、「上面発酵により醸造された、濃厚な味わいのビール」です。

まとめ

「ラガービール」「エールビール」は、酵母と発酵方法に違いがあります。

地ビールを提供しているお店で是非飲み比べてみましょう。