スポンサーリンク

クレの「接点復活スプレー」と「コンタクトスプレー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「接点復活スプレー」と「コンタクトスプレー」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレの「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」は電子機器の接触を良くするスプレーを連想させる二つの商品ですが、「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「接点復活スプレー」とは?

「接点復活スプレー」とは?

クレの「接点復活スプレー」とは、「主にスイッチやリレー、配電盤、プリント配線回路、コンピューター、テレビ、コピー機などの電子機器の接触不良を改善するスプレー」です。

「接点復活スプレー」は接点部の汚れやカーボンを落として、電気の接点を復活させてくれます。

「接点復活スプレー」の原材料は「鉱物油・防錆剤・石油系溶剤」ですが、「コンタクトスプレー」よりも溶剤が多く含まれるため、「ゴム・プラスチックへの使用」には注意が必要です。

「コンタクトスプレー」とは?

「コンタクトスプレー」とは?

クレの「コンタクトスプレー」とは、「主に自動車・オートバイのコネクターやヒューズ、各種センサー、バッテリーターミナルなど電気系統の接点の機能を回復させてくれるスプレー」です。

自動車とバイク以外にも、「テレビ・オーディオ・精密機器などの接点回復」に使用できます。

「コンタクトスプレー」の原材料は「鉱物油・防錆剤・石油系溶剤」ですが、車・バイクの電装系への使用がメインなので、「接点復活スプレー」よりも「ゴム・プラスチック」に対して安心して使うことができます。

「接点復活スプレー」と「コンタクトスプレー」の違い!

「接点復活スプレー」と「コンタクトスプレー」の違い!

「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」の違いを、分かりやすく解説します。

「コンタクトスプレー」のメインの用途は「自動車・バイクのバッテリーターミナルやコネクターなどの電装系の接点の機能回復」ですが、「接点復活スプレー」「自動車・バイクへの使用をメインの用途として記載していないこと」に違いがあります。

「コンタクトスプレー」のほうが「接点復活スプレー」よりも、ゴムやプラスチックの部品に対するダメージが小さいので、自動車・バイクの電気系統への使用に向いているのです。

また「接点復活スプレー」の内容量は「220ml(商品重量250g)」ですが、「コンタクトスプレー」「300ml(商品重量310g)」で少し内容量が多いという違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

クレの「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」の違いを解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「接点復活スプレー」「コンタクトスプレー」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。