「親父ギャグ」と「ダジャレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親父ギャグ」と「ダジャレ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親父ギャグ」「ダジャレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「親父ギャグ」とは?

「親父ギャグ」とは?

「親父ギャグ」の意味と使い方について紹介します。

意味

「親父ギャク」とは、「中年男性が若い人に対してユーモアがあることをアピールする為に言う、つまらないお笑い言葉のこと」です。

使い方

「親父ギャグ」は、基本的に中年男性が言う、言葉の綾(あや)や、滑稽な表現のことを言います。

若い人と話している時に、つまらないと思われたくない、普段とは違う自分を見せたいという心理から、ギャグを口にするのです。

ところがその内容が非常に古くさかったり、盛り上がった雰囲気を白けさせるものであり、返って若い人に嫌悪される原因になるのです。

例えば「時計を見とけい」「アルミ缶の上にあるミカン」などがあります。

「ダジャレ」とは?

「ダジャレ」とは?

「ダジャレ」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ダジャレ」「駄洒落」と書き、「言葉の韻を踏んだり、似た様な発音の言葉を掛け合わせたギャグのこと」という意味です。

使い方

「ダジャレ」「駄」「値うちのないもの」「つまらないもの」「粗悪なもの」という意味す。

「洒落」「その場に興を添えるために言う、気のきいた文句」という意味です。

「ダジャレ」で、「つまらないひと言」「どうしようもないギャグ」という意味で使われています。

具体的には「エーゲ海のええ外科医」「ネギを値切る」などがあります。

「ダジャレ」は基本的に、良い雰囲気の時を見計らって口にするもので、スベっても周囲を不快にさせずに「つまらない」と言われて終わることが多くなります。

「親父ギャグ」と「ダジャレ」の違い!

「親父ギャグ」と「ダジャレ」の違い!

「親父ギャグ」「中年男性が若い人と話しを合わせようとして口にする不快なギャグ」です。

「ダジャレ」は、「似た様な言葉を掛け合わせるギャグのことで、周囲を不快にしないもの」です。

まとめ

まとめ

「親父ギャグ」「ダジャレ」は、「人を不快にするかしないか」という点が違います。

言う人と周囲の反応に応じて使い分けましょう。