「研修」と「訓練」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「研修」と「訓練」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「研修」「訓練」の違いを分かりやすく説明していきます。

「研修」とは?

「研修」とは?

「研修」は、何かの知識や技術を身に付ける、またはより高める為に行われる学習のことです。

何人かを集めて学習会として開かれることが多く、その場合、講師となる人が進めていくという形になります。

また、まだ見習いだという意味で、その期間中だと使われる場合もある言葉で、例えば、医師免許を取得してから2年間は「研修医」と呼ばれることがこれに当たる考えていいでしょう。

「訓練」とは?

「訓練」とは?

「訓練」は、本番となる時を想定して実践される、模擬的な予行のことです。

ただし、必ずしもその本番が訪れるとは限らず、もしもの為として行われる場合も多いです。

消防士の日々の訓練がそれに当たり、本番と言える出動機会はないに限りますが、もしもの時の為に行われています。

本番さながらの規模になることも少なくなく、あくまで模擬的なものとなりますが、本番がうまく行われるようにと考えた上で行われます。

「研修」と「訓練」の違い

「研修」と「訓練」の違い

「研修」「訓練」の違いを、分かりやすく解説します。

「研修」は、対象となる事柄に対する知識の吸収や技術の会得、上達の為に行われる学習に用いられる言葉です。

そのような学習会としての開催も行われていますが、まだ一人前ではない期間の表現として、「研修中」と使われることもあります。

「訓練」は、本番の為の模擬的な練習行為になります。

これによって、その本番時に失敗がないようにするもので、本番を想定した内容で行われるものです。

これを繰り返すことで、より本番の成功へと近付くと考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「研修」「訓練」は、このように違います。

「研修」は、新入社員として入社した後に、ほとんどの場合で行われるもので、社会人としての基本を身に付けることや、具体的な業務内容についての知識、技術の習得がその目的となります。