「シングル」と「アルバム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シングル」と「アルバム」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、音楽の「シングル」「アルバム」の違いを分かりやすく説明していきます。

「シングル」とは?

「シングル」とは?

「シングル」とは、メインとなる1曲を主張した、CD媒体で発売される音楽のことです。

現在ではそのCDが主流となっていますが、かつてはカセットテープやレコードといった媒体での発売もありました。

また、CDという形ではなく、ダウンロードによる発売も現在では多くなっています。

ほとんどの場合で、何曲かが収録されていますが、メインとなるのはそのうちの最初の1曲で、名称(タイトル)としてもその曲名になります。

また、2曲が収録され、そのどちらもメインとした「両A面」と呼ばれる「シングル」も存在し、この「面」という表現は、前述したレコードの時代に、2曲目を聞くには裏返す必要があったことに由来しています。

ボーカルが入って完成している楽曲以外に、そのカラオケがおまけと言える形で収録されている場合も多く、それらも入れて(便宜上)4曲という形も多く見られます。

「アルバム」とは?

「アルバム」とは?

「アルバム」とは、先のようなCDに、楽曲が8曲以上入ったものに使われることが多い表現です。

4~6曲程度の場合には、「ミニアルバム」という言葉がよく使われます。

これという定義がある訳ではありませんが、「アルバム」と呼ばれるCDには、10曲前後が収録されていると考えていいでしょう。

尚、こちらもCD媒体ではなく、配信によるダウンロードによって、それらの楽曲が一度に得られる時にも使われる言葉です。

「シングル」と「アルバム」の違い

「シングル」と「アルバム」の違い

「シングル」「アルバム」の違いを、分かりやすく解説します。

「シングル」は、メインが1曲(もしくは2曲)となるCDや、配信による同様の内容の音楽のことで、「アルバム」は、10曲前後が収録されたCD、もしくは配信によるものを指して使います。

基本的に、「シングル」の曲がヒットすると、それを含んだ「アルバム」が発売されるという流れになりますが、「アルバム」の中から人気の曲が「シングルカット」され、後から「シングル」として発売されるというケースもあります。

まとめ

まとめ

「シングル」「アルバム」は、このように違います。

「アルバム」の名称は、その中に含まれる楽曲の中のどれかという場合もありますが、それとは別のユニークなものが付けられていることが多くなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物