「インスタントラーメン」と「カップラーメン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インスタントラーメン」と「カップラーメン」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インスタントラーメン」「カップラーメン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「インスタントラーメン」とは?

「インスタントラーメン」とは?

「インスタントラーメン」とは、スープ(粉末)とセットになった乾麺のことです。

食べる為には、お湯で茹でながらほぐし、食器になるどんぶりに別にスープを作っておきます。

いいタイミングでそのどんぶりへ移動させ、そこに好きな具材を入れれば完成です。

茹でる時間は製品ごとに何分と決まっていますが、固めが好きな人はそれより少し早く、柔らかい方がよければ少し長くという具合に調整してください。

具材も、好みで何を入れても構いません。

「カップラーメン」とは?

「カップラーメン」とは?

「カップラーメン」は、食器と共に用意されている簡易的なラーメンで、中に具材やスープが入っている為、基本的にその他のものは何も必要ありません(好きな具材を足しても構いません)。

熱湯を規定の位置まで注ぎ、決められた時間待っていれば、それだけで完成します。

熱湯だけがあれば済む為、先の「インスタントラーメン」より簡単に作ることができ、若者には人気ですが、価格の面でインスタントラーメンより高価になる点と、都度食器となる「カップ」がゴミになってしまうというデメリットがあります。

「インスタントラーメン」と「カップラーメン」の違い

「インスタントラーメン」と「カップラーメン」の違い

「インスタントラーメン」「カップラーメン」の違いを、分かりやすく解説します。

「インスタントラーメン」は、茹でる為のコンロ類と鍋、更に食器になるどんぶりの用意が必要になる為、「カップラーメン」より作るのが面倒ですが、コストの面に優れており、具材にあまりお金を掛けなければ、その半額程度で作ることができます。

「カップラーメン」は、そのコスト面では劣りますが、何と言っても熱湯だけで作れることから、時間が掛からず面倒な調理も必要ない点が大きなメリットとなっています。

まとめ

まとめ

「インスタントラーメン」「カップラーメン」は、このように違います。

「インスタントラーメン」は、作る人次第で色々なアレンジができるところも魅力の1つだと言えるでしょう。